<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

懐かしい水は語る

これは文庫本ですが15年ほど前の本

なぜ今これ?

 

世の中で出会いというのは

決まっているの?偶然でなく必然なのねと

改めて実感したのは

 

麹でロハスの講師されている岡本先生が

とられた写真だと!!

ええっ〜びっくり

講習の休憩時、何気なく河合先生との

世間話の時にわかったんです

 

波動の世界の扉をより深く知る

きかっかけになりましたから・・・

 

すべてに与える言葉の影響のすごさも知りましたし

当然自分自身、家族にもこれ見て〜と

興奮して見せたこと思い出します

 

埼玉から来られたもう一人の方も

霊氣をされていて・・・やはり愛の人

 

発酵講習はとても、楽しく盛り上がり

夢のような時を過ごさせていただきました

認定書をいただいたときに初めから終わりまで

同じ気持ちで望まれていたとわかりました

 

私は公衆の中日、朝住吉神社へお参り

彼女は警固神社へ

そんな感じでしたから

麹が最高の出来ですよとお二人の先生が〜

本当に出麹も神秘的でした

博多の神様もバックアップしてくださったと

 

先月の講習から落ち着いて

そうそう、どこかにあの本があったはずと

探すとすぐに出てきました

人の体も、ほぼ水でできているといっても過言じゃない

 

赤ちゃんの時は穢れなき眼が

いつからこんなに曇るのか?あれあれです

 

車のフロントグラスが

汚れたり曇ると前が見えなくなるように

スキットした視界にしとくことは大切

すべてに通じるんだとまた感じています。

 

単なる麹を作りに行かせてもらったんじゃないと

技術だけじゃないのはセラピストの時も一緒

今後の人生の大きな転機にもなりました。

 

また魅力満載の先生方やNさんとも

再会できる時を楽しみに

日々楽しみ精進中です。

 

 

 

 

 

2018.06.10 Sunday 10:08 | comments(0) | - | 
<< 大きな海苔巻きを。 | main | 旬の青梅酵素ジュース >>