<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

本気の冷え対策に。

冷えは万病の元とは

言いつくされてきましたが

意外と自分が冷え性だとわかっている人が少ない

国民の7割の人がいるとも

 

私もそんな一人でした

太っていると体温が高いと思いがち

一見、大汗をかくので・・・

暑がりも多く、冷たい物のみ悪循環でした

実は内臓は冷えていたりします

 

お風呂でも温まらない

一瞬だけ温まり持続しないなど

ベットに入るころには冷える方は

寝る前に湯たんぽ使い捨てカイロで

お腹、仙骨を1〜2時間前に温めるなど

くれぐれも低温やけどには注意してね

 

中医学でもバランスが良いと

体形もやせすぎず、太りすぎずになり

カロリーでダイエットすることはありません

 

乱れた食生活、生活習慣

ひたひたと蓄積

一日にしては悪くなっていません

 

肌荒れ、便秘、肩こり、関節痛

頭痛、イライラ、落ち込み、風邪、むくみ

生理痛、生理不順、疲れが取れない、不眠など

 

あとアレルギーの人も

冷えを改善すればいい。

 

健康な人の平均体温

36.5〜37.0℃だと

内臓が活発に働き

新陳代謝もアップで免疫力も高まる

 

代謝も免疫も関係していますので

自分の体温意外と知らない人多いので

ぜひ測ってみて下さいな。

 

足湯、温熱療法のキリ

よもぎ蒸し、かっさ、吸い玉

サロンではできますが

 

仕事や育児、介護などで時間もめいっぱい

こまめにケアに行けない人は

お風呂でバスオイル

バスソルトやバスシュガーなどでマッサージ

足湯もベストですが、なかなかなら

 

ショウガのサプリ簡単です

本格的な冷えの季節

しっかり温めておいて本格的な冬

そして荒れる義が出やすい春の不調に準備です

外から内から冷やさない

 

血行不良について学ぶと

毛細血管の大切さ痛感しました

人の体の血管は成人で10万キロ

毛細血管は、そのうち99%だと知り

そして使わないとどんどん消滅するなんて困るギャー

 

全身ブチブチもちろん脳も

60代は20代と比べ4割減だと・・・

顔とふくらはぎに毛細血管いっぱい

 

お顔はクレンジング洗顔はゴシゴシしないで

と酸っぱくなるほど言うのは

目の周りの皮膚は薄く

毛細血管も切れるので・・・

 

冷えるだけでなく、しわ、たるみ、シミ

第二の心臓のふくらはぎ

聞きたくないけど・・・知ることから対策ができる

 

ただ今サロンでは

限定30名様にお試しサイズをプレゼント

無くなり次第終了。

 

私は36.7℃平均です

体調不良になると36.1℃

 

まだこれで足りない時は

プラセンタエキス入りの

ドリンク「激」にて

先日の胃腸の不調の回復が早まりました


妊婦さんも大丈夫

プラセンタエキスのお話は長くなりますので

また次回に〜。

 

明石 癒し&健康サロン

マドレ・デ・ティエラ

 

 

 

 

2017.11.22 Wednesday 08:22 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1089 PAGES | >>